2011年1月3日月曜日

テーマを持つことで、チャンスを逃さない

去年は(去年も・・・)闇雲に走り回ってしまい、仕事でも生活でも、ずいぶん余計な道に遠回りをしたなあと感じています。

というのも、いろいろ吸収してやろうとばかりに、自分の興味のあることや、人に誘われたり紹介されたりしたことなど、何にでも食らいついていった揚げ句が、生齧りの消化不良で、どれもいまひとつだったから。

昨日のブログポストに出てきた、同僚の「欲張りすぎ」という指摘も、そこを指しているのでしょう。

情報や経験の消化不良だから、栄養分を吸収できないで体から出ていってしまいます。せっかく作っていただいた機会を生かせてない。

さてどうしたものか。

私の所属している写真クラブの先輩が、「自分は、制作にあたってのテーマを常に2つ3つ持っている。すると、撮影に出かけたときに、一つのテーマで思うような写真が撮れなかったとしても、他のテーマで思いがけず良いショットを拾えることがあるんだ。」と話してくれたことがありました。

テーマを持つということが、チャンスを逃さない秘訣なんだな、と気づきました。

今年は、まずは「地域資源」をテーマに、情報の受発信をして行きたいと思います。


↓他の診断士や受験生のブログはこちらから!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
こちらからも!
診断士受験 502教室

0 件のコメント: