2011年1月2日日曜日

今年の抱負

「期待に応える。出来ることを地道に。気負い過ぎない。」

期待に応える、というのは、特定の誰かの期待に対して、というわけではありません。

社会から、私の立場に期待された役割を、きちんと、できれば期待された以上に果たして行こうということ。

家族からの期待にだって応えなきゃなりません。父親ですから。

出来ることを地道に、というのは、基本動作、まじめに真剣に着実にということ。

出来ること、基本を極めてこそ、新しい視野が開けるのかと。

僕は野球はよくわからないけれど、王さんやイチローの凄さはそこにあるのだと思います。

当たり前のことをバカになってちゃんとやる、というタイトルの本もありますね。

チャレンジはもちろん大事だけれど、出来ることをないがしろにしていては、新しいことに挑戦なんてできない。

気負い過ぎない、というのは、達成不可能な目標を掲げないということ。

先日同僚に、「あなたは欲張りすぎ、ハードル上げすぎ」という指摘を受けました。

私としては、「これくらいじゃないと、他の会社の人に負けてしまうのではないか」という気持ちがあるためなのですが、結果として、私が仕事を先延ばしにしてしまう原因が、これです。準備不足が怖くて、マイルストーンに到達できない。

近所の夏山へ日帰りハイキングに行くだけなのに、冬山訓練をして、ザックにアイゼンやピッケルをくくりつけて、「さあ次の夏に登るぞ!」と言っているようなものかもしれません。

先延ばしを防ぐために、目標を手順に落として、一つ一つ進めていく、これしかないんでしょう。



↓他の診断士や受験生のブログはこちらから!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
こちらからも!
診断士受験 502教室

0 件のコメント: