2009年12月23日水曜日

マラソン大会でまちおこし

 今年の診断士2次筆記試験の事例IIでは,中核都市の商店街に本店があるスポーツ用品店B社を舞台とした問題が出題されました。その中で,この街の商工会議所が中心となって,城址公園を起点とし,商店街を通り抜けるコースの市民マラソンが企画されているという設定で,B社もまちおこしの担い手として市民マラソンに協力していくというストーリーです。

 これを読んでいてふとひらめいたのですが(単なるアイデアです),旭川では今,駅の高架化工事が進められています。新しい駅の一階は,歩行者天国の平和通買物公園からの延長線上にあるコンコースとなっており,そのまま駅裏の忠別川河川敷につながっているのが特徴になっています。
 なら旭川ハーフマラソン大会を,常磐公園スタート・7条緑道・買物公園・駅の下・忠別川河川敷・・・なんてコースにしてしまったらどうなのかな?と考えてしまった次第です。
 
↓他の診断士や受験生のブログはこちらから!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
こちらからも!診断士受験 502教室

0 件のコメント: