2009年11月3日火曜日

二次試験振り返り 事例I

 試験から10日近く過ぎました。

 再現答案は作ってあるのですが,午後の事例になると再現度もかなり怪しげなので,公表せずに気になった点だけここにメモしておきたいと思います。

 まずは事例Iから。菓子製造A社とF社の合併がらみの事例でした。

 第3問で「A社の従業員のモラールが著しく低下してしまった」理由を問われ,試験場では直感的に,企業風土の違いが原因ではないか,と考えていたのですが,「両社の人事構成を踏まえ」という制約からウーンと悩むことに。合併後に40人の人員整理をした,とあるが,どっちの会社?正規?非正規?で根拠も明記されていなく推測しようもないので,人員整理には触れず企業風土の面から解答しました。

 第5問では「短期的に売り上げを増進させるための具体的施策」とあり,地元と大都市圏ともに不振・縮小で当面業績回復が期待できないという問題文中の記述を根拠に,ネット販売に重点化し,地元特産農産物にこだわった情報提供と商品開発,という内容でまとめました。A・F両社のシナジーや,人的資源管理の面からものをいうところまでは配慮の足りない記述になってしまったと思います。
 
↓他の診断士や受験生のブログはこちらから!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
こちらからも!診断士受験 502教室

0 件のコメント: